おねしょの原因

おねしょと体の成長

おねしょも体の成長の個人差の結果

おねしょの原因

おねしょの不安、自分の育て方が原因と考えてしまって、悩んでいるお母さんがたくさんいます。

おねしょは眠っているあいだにおしっこをもらしてしまうこと。

赤ちゃんはひと晩に何回もおしっこをします。

赤ちゃんは膀胱が小さく、おしっこが昼夜区別なく作られます。

ですから昼も夜も同じ間隔でおしっこをします。

子供も成長することによって膀胱におしっこをためられる量が増えていきます。

2歳から3歳になるとおねしょの回数が減ってくるのは、躾けで身に付いたものではなく、膀胱にためられる量が増えていくこと、夜の間に作られるおしっこの量も減っていきます。

膀胱が大きくなっていくのと、夜の間に作られるおしっこの量が減っていくのは体の成長です。

体の成長は個人差がありますので、おねしょも体の成長の個人差の結果と考えるのがいいそうです。

子供のおねしょは、躾やストレスと考えがちですが、大部分は体の成長がおくれているということが原因です。

日常生活で気をつけるおねしょ対策に関すること。
http://www.thelowsugarlowcarbhorse.com/

4歳から5歳になると子供の80パーセントはおねしょをしなくなっていきます。

5歳で毎日おねしょという子供は、膀胱の大きさや夜におしっこの量が減らない生理的な成長の遅れがあると考えるほうが自然です。

おねしょと体の成長 Copyright (C) www.www.roebuckmazda.com. All Rights Reserved.