おねしょと体の成長

おねしょと体の成長

おねしょは体の成長の遅れが原因という場合が多い

おねしょと体の成長

おねしょと夜尿症の違いは、おねしょをしている年齢の違いです。

小学校入学前はおねしょ、入学後は夜尿症を呼ぶのが一般的です。

おねしょは体の成長の遅れが原因という場合が多いので、小学校入学後も続くようであれば病気のひとつと考えて、積極的な生活指導や薬による治療を考えることも必要と言われています。

おねしょは年齢とともに減っていきますが、躾けが成功するというよりも体の成長により膀胱が大きくなったり、生理的な発達で夜間のおしっこの作られ方が減るというのが理由のようです。

もちろん、眠る前にトイレに行く、夜間の水分の摂取を減らすなどは有効ですが、夜に眠っている間に無理に起こしてトイレに行かせるなどという方法は、子供の成長の為には決して正しい方法とは言えません。

おねしょは幼稚園の年長時で約15パーセントの子供にみられます。

決して少なくはなく、小学校5年生でも5パーセント程度は夜尿症の子供はいると言われています。

夜尿症は保護者の育て方や子供の性格の問題と言われがちですが、まだ体の成長が追いついていないという理由がほとんどです。

作られる尿の量が多く、膀胱の容量が小さければ溢れ出すのは当然。

体の成長とともに膀胱の容量が増える必要がまずあるのです。

おねしょと体の成長 Copyright (C) www.www.roebuckmazda.com. All Rights Reserved.