おねしょをしなかったらほめる

おねしょと体の成長

おねしょをしても怒らない、叱らない、焦らないという態度で子どもに接する

おねしょをしなかったらほめる

小学校に通うようになってもおねしょが治らないことで心配するのは、子どもがおねしょをすることで自信を喪失することです。

おねしょは成長の遅れであることを理解させることは難しいかも知れませんが、叱ったりするのは余計にストレスになります。

夜尿があることで、ストレスを感じてしまうのは仕方のないことですが、子どもの体の成長が遅れていることは本人の意志とは無関係です。

体の成長の遅れが原因であると考えて、夜尿の回数がどう変化しているのかを観察しながら成長を見守ることのほうが大切です。

無理強いや叱ったりせずに、体が大きくなれば自然に必ず治るということを子どもに話して安心させる、おねしょをしなかった日にはほめてあげることが重要です。

夜尿症を治す方法はいろいろ試してもなかなか上手くいかないのが普通です。

最近では夜尿症に対応する医療機関も出てきているので、調べてみるのもいいでしょう。

夜尿症の治療には、生活指導、薬物治療、行動療法の3つの方法があります。

積極的に専門の医療機関に相談するのは、日中に漏らしてしまう場合。

小学校入学前は、おねしょをしても怒らない、叱らない、焦らないという態度で子どもに接するのがいいでしょう。

おねしょと体の成長 Copyright (C) www.www.roebuckmazda.com. All Rights Reserved.